再生医療

PRP-FD療法について

PRP-FD治療をご存知ですか
(クリックで拡大します)
成長因子をひざに注入
(クリックで拡大します)

PRP-FD(フリーズドライPRP)は、 PRPとは異なり血小板から放出される成長因子やサイトカインを含んだ溶液です。 PRP-FDを関節症の患者様のひざに注射すると、疼痛抑制効果、再生促進効果が認められます。

PRP-FD からは血小板の活性化により、様々な成長因子、サイトカインが認められています。このような成長因子、サイトカインが、疼痛抑制効果、再生促進効果、コラーゲン産生能増強を生じます。

フリーズドライPRPの特徴

  • 待ち時間なく治療を受けることが可能(一度に大量の PRP- FDを作成することが可能です)
  • 長期間(数ヶ月から一年間と言われています)の除痛効果を得ることが可能

PRP-FDの特徴として、大量に細胞加工し冷凍保存することが可能であるため、一旦作成すると、待ち時間なく治療を謳歌いただくことが可能です。また一回の注射(約4ml)で長期間の除痛効果(数ヶ月から一年間)を得ることが可能です。

PRP-FD は、細胞成分を含まない再生医療製品として、PRP を凌ぐ効果がありますので、ぜひクリニック受付でお問い合わせください。

ページの先頭へ
ページの先頭へ