腰痛に対するPRP治療

腰痛は、スポーツ外傷、生活習慣病、加齢など多様な原因で起こります。主な原因は、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、脊椎変形性関節症などです。治療法として、外用剤、鎮痛剤、痛み止め注射がありますが、効果がない患者様は、手術が勧められています。

再生医療は、これまで保存的治療、手術療法の中間に位置する治療法で、保存的治療では痛みが取れず、日常生活に支障がある患者様が、普通に生活できるようになります。

腰痛に対する再生医療

腰痛PRP治療の種類

  1. PRP
  2. PRP融解液

共に、超音波又はレントゲン透視下に実施させていただきます。注射後、30分から1時間安静にしていただき、帰宅いただきます。

ページの先頭へ