当院の再生医療

当クリニックでは副作用の少ない治療や、生活の質(QOL)の改善を目指した再生医療(幹細胞治療、PRP治療)を行っています。

日本で再生医療を行うためには、法律に基づく厳しいチェックがあります。 当クリニックでは、治療を行うのに必要な治療計画を厚生労働省に提出し、受理されています。また、再生医療を行う医師には、専門的な知識と十分な経験が必要です。当クリニックでは、再生医療の専門医が治療にあたります。

多血小板血漿(PRP)治療

PRP治療とは

多血小板血漿とは、血液を遠心分離・濃縮することで作られる血小板を多く含む血漿のことで、英語のPlatelet Rich Plasmaの頭文字をとってPRPと呼ばれます。

PRP治療とは、関節軟骨半月板軟骨の再生促進、関節の抗炎症作用、靭帯などの関節周囲組織の治癒促進、創傷治癒促進、アンチエイジングを図る再生医療の一つで、再生医療の中では手軽にお受けいただける治療法です。血小板には、出血した際に血液を止めるはたらきのほか、コラーゲン合成や組織修復、創傷治癒などのはたらきがあることが分かっています。PRP療法は、お客様自身の血液から採取した血小板を用いて治療を行うため、副作用などのリスクが少ないのが特徴です。有名なトップアスリートも行っている治療です。

PRP治療の流れ
(クリックで拡大します)

治療の対象

変形性関節症
その他関節疾患
関節周囲疾患
靭帯損傷などのスポーツ外傷
靱帯周囲炎などの靱帯周囲疾患
アンチエイジング
美容

PRP量は、上記疾患により異なります。特に、変形性関節症の患者様に対しては、 4ml注射を標準とし、患者様に応じて増減しております。

PRP治療の流れ

血液の採取

患者様から採血いたします(採血量は、投与量によって異なります)。

PRPの採取

血液を遠心分離し、PRPを採取します。

PRPの注入

極細の針を用いてPRPを肌や創傷組織へ注入します。

PRP-FD(血小板由来因子濃縮物-凍結真空乾燥)

患者様の自己末梢血(49ml)よりPRP(多血小板血漿)を作製し、そこから独自技術により成長因子を豊富に含むPRP-FD(血小板由来因子濃縮物-凍結真空乾燥。以下、PFCとする)に加工します。

PFCはPRPより比較的多くの成長因子が含まれます(図)。PRP-FDを治療前に調製しておくことで、待ち時間なく、いつでも治療を受けることができます。PRP-FDを一度注射することで、比較的長期の有効な治療となっております。

PFC-FD
図(クリックで拡大します)

APS(自己タンパク質溶液)

患者様の自己末梢血より抗炎症性サイトカインや成長因子を濃縮したものが、自己タンパク質溶液(APS)です。このAPSは、臨床使用可能なクラスIII医療機器・血液成分分離キット:APSキットを用いて調製されます。

APSを一度注射すれば、 4-5ヶ月有効な治療となっております。

サイトカインの種類と役割

IL-1ra(IL-1受容体アンタゴニスト)

抗炎症作用: ◎(強)

  • 細胞表面のIL-1受容体に結合しIL-1のシグナル伝達を遮断する
  • IL-1raのシグナル伝達・生理活性はない
IL-1R(可溶性IL-1受容体)

抗炎症作用: ○

  • 血中ののIL-1と結合し、細胞表面のIL-1受容体との結合を阻害する
sTNF-RI, sTNF-RII(可溶性TNF-α受容体)

抗炎症作用: ○

  • 血中ののTNF-αと結合し、細胞表面のTNF-α受容体との結合を阻害する
APS

幹細胞治療

幹細胞治療とは

幹細胞は、分裂して自分と同じ細胞を作る能力と、別の種類の細胞に分化する能力をもった細胞です。脂肪幹細胞は、ES細胞やiPS細胞といった他の幹細胞に比べ倫理的な問題や発がんのリスクが極めて低く、また、採取が簡易なのでお客様の体への負担も少なくて済むのが特長です。脂肪幹細胞は増殖する際、多種類の成長因子やコラーゲンなどを培養液中に分泌しています。

脂肪内幹細胞は、同時に免疫制御サイトカインを放出するとともに、様々な組織臓器に分化することができます。

幹細胞治療の流れ
(クリックで拡大します)

治療対象

アンチエイジング、関節及び脊椎周囲炎、関節及び脊椎症、肝硬変、脳梗塞後後遺症(認知症含む)、自己免疫疾患、血管疾患、など

アンチエイジング

顔のシワ取り、シミ取り、陥凹などを対象に、再生医療を行います。

ボトックスやヒアルロンが浅いシワを対象とするのに対し、幹細胞治療は、深いシワを対象とします。顔にふくよかさを作るときにも非常に有効です。幹細胞治療は、幹細胞が分泌する再生物質と同時に幹細胞の皮膚細胞への分化誘導によって、長期間の効果が期待できます。幹細胞の培養液を注射する治療法では、幹細胞からの再生物質がアンチエージングに有効で、細胞治療よりコストパフォーマンスの高い治療となっています。

関節および脊髄周囲炎

幹細胞から放出される炎症を抑える物質(抗炎症物質)によって、この疾患の治療を行います。幹細胞は、同時に成長因子の分泌や細胞の分化誘導で、損傷にある部位の修復と再生に有効で、強力な効果を発揮します。

関節および脊椎症

幹細胞細胞から放出される抗炎症物質によって、この疾患の治療を行います。さらに、幹細胞は、関節症の原因となる軟骨欠損や半月板欠損の欠損部位で、欠損修復効果を発揮します。

関節症の再生療法には、関節鏡を用いる方法と注射を用いる方法、の二種類あります。関節鏡は、関節にカメラを挿入し、標的欠損部を見ながら治療を行います。一方、注射は、関節の中に全体に注射液が広がり、幹細胞が欠損部に自然に集まる性質を利用しながら、効果を発揮します。クリニックでは、患者様が治療後すぐに動くことができる、注射を用いる方法で、ドクターが再生療法を行っています。

肝臓への再生医療

幹細胞治療は、点滴静注による投与法を原則として実施いたします。幹細胞は、血液を回って肝臓に到達し、肝臓の悪い部分を修復し再生します。幹細胞は、肝臓修復物質を分泌するとともに、肝臓の細胞に分化します。超音波を用いて肝臓に直接注射するという方法もあります。この方法は、肝細胞移植ですでに用いられている方法です。

併用する治療法として、血小板を点滴静注して肝臓を修復再生する治療法があります。

脳への再生医療

幹細胞治療は、点滴静注による場合、直接に脳に注射する場合、脊髄に注射する場合がありますが、当院では、点滴静注で行っています。

この場合、幹細胞は、脳へ到達し、再生促進物質を放出することで、損傷した脳を修復するとともに、神経細胞および間質細胞に分化することで、脳神経再生を促進します。

自己免疫疾患の医療

自己免疫疾患は、幅広い疾患群です。慢性関節リウマチ、潰瘍性大腸炎、クローン病、原発性胆汁性肝硬変、特発性心筋症、網膜変性症、アトピー性皮膚炎、慢性疲労症候群、などが有名な疾患です。いずれも自分の免疫系が、自分の組織臓器を攻撃し生ずる病気であり、ステロイド、免疫調節剤、免疫抑制剤などを用いて治療されます。

(間葉系)幹細胞は、免疫系を調節または抑制する性質を持っており、他人の幹細胞を投与しても、悪い反応が起こらないことが知られています。

この幹細胞を点滴静注することで、自分の免疫系が制御され、自己免疫疾患が起こらなくなります。さらに、損傷された組織が幹細胞によって修復され再生されます。

幹細胞バンキング

幹細胞バンキングとは

幹細胞バンキングとは、将来的な再生医療(シワ取りなど)や乳房再生、その他再生医療への使用を目的として、お客様の脂肪から採取した幹細胞を特殊な無菌環境の下で増やし、凍結保存しておくサービスです。

幹細胞の採取に脂肪を用いるメリット

幹細胞バンキング

幹細胞には、脂肪幹細胞の他にもES細胞やiPS細胞などがあります。しかしながら、ES細胞やiPS細胞には倫理的な問題や発がんのリスクなど、様々な問題が残されています。一方、自分自身の脂肪から採取した脂肪幹細胞についてはそういったリスクや副作用の心配を回避できるというメリットがあります。また当院で採用している手法は、ごく少量の脂肪 (約0.02g) から短時間で大量に幹細胞を増やすことが可能であるため、脂肪採取時のキズが残らないなど、お客様の体への負担も少なくて済むのが特長です。

幹細胞バンキングの流れ

脂肪の採取

専用の器具を用いて腹部より脂肪を約0.02g採取します。採取時間は約5分で、局所麻酔を行うため、痛みはほとんどありません。

培養

当院併設の細胞加工施設で脂肪より幹細胞を分離、培養します。

凍結保存

幹細胞を凍結し、長期間保存します。

解凍

必要時に細胞を解凍し、エイジングケア(シワ取りなど)や乳房再生、その他再生医療へ使用します。

ページの先頭へ
ページの先頭へ