整形領域の再生医療とは?

整形外科領域は、加齢と共に生じる骨関節の摩耗により、痛み・疼痛や運動障害に悩まされる疾患が多く存在します。

この領域の再生医療は、関節内の疾患(変形性関節症など)、関節周囲・靭帯の疾患(関節周囲炎など)、その他に分けられています。クリニックちくさヒルズでは、変形性膝関節症の再生医療を希望される患者様が圧倒的に多く、これまで再生医療学会で学会発表を行っています。

学会発表の内容

2020年度

2020年5月18日-29日にオンラインで開催された第19回再生医療学会総会にて以下の2演題を発表いたしました。

  • PRP治療による変形性膝関節症への効果
  • (特定)認定再生医療等委員会の事務局の取り組みと今後の課題

2019年度

2019年3月21日-23日に神戸国際会議場にて開催された第18回日本再生医療学会総会にて以下の2演題を発表いたしました。

  • 3D細胞クラスター大量培養デバイス TASCL の基礎
  • TASCL を用いた半月板再生への試み

2018年度

2018年3月21日-23日にパシフィコ横浜にて開催された第17回日本再生医療学会総会にて、再生医療デバイスTASCLに関して発表を行いました。

治療の適応(関節内注射・局所注射)

関節内の疾患

変形性関節症、関節炎、関節リウマチ、変形性脊椎症、脊椎周囲炎、脊椎ヘルニアなど

関節周囲・靭帯の疾患

関節周囲炎、靭帯外傷、靭帯周囲炎、スポーツ外傷など

※詳細は、「膝関節専門医診察日のご案内」「膝関節専門医診察日のご案内」「幹細胞液治療ご案内」「PRP融解液治療ご案内」「スポーツ外傷の PRP療法」「関節の再生医療」をご覧ください。

ページの先頭へ