再生医療

当クリニックでは副作用の少ない治療や、生活の質(QOL)の改善を目指した再生医療(幹細胞治療、PRP療法)を行っています。

日本で再生医療を行うためには、法律に基づく厳しいチェックがあります。 当クリニックでは、治療を行うのに必要な治療計画を厚生労働省に提出し、受理されています。また、再生医療を行う医師には、専門的な知識と十分な経験が必要です。当クリニックでは、再生医療の専門医が治療にあたります。

幹細胞治療とPRP治療の使い分け

慢性的な疾患、重度の疾患や、深いしわなどは幹細胞治療、一時的あるいは比較的軽度な症状に対してはPRP療法がおすすめです。

幹細胞治療

幹細胞治療とは

幹細胞は、分裂して自分と同じ細胞を作る能力と、別の種類の細胞に分化する能力をもった細胞です。脂肪幹細胞は、ES細胞やiPS細胞といった他の幹細胞に比べ倫理的な問題や発がんのリスクが極めて低く、また、採取が簡易なのでお客様の体への負担も少なくて済むのが特長です。脂肪幹細胞は増殖する際、多種類の成長因子やコラーゲンなどを培養液中に分泌しています。

当院では、脂肪幹細胞自身や、脂肪幹細胞を培養した培養液を用いて、患者さまの美と健康をサポートいたします。

幹細胞治療

脂肪幹細胞を皮膚に注射することで、コラーゲン産生や皮膚細胞の増加によるしわ・たるみ治療効果が期待できます。

また、関節内に脂肪幹細胞を注入することで、変形性関節症の治療も行えます。

【治療対象】しわ、たるみ、肌のリストアップ、慢性的な関節炎

幹細胞液注射

脂肪幹細胞が分泌した若返り成分を含む培養液を皮膚に注射することで、コラーゲン産生促進や組織修復が期待できます。

【治療対象】しわ、たるみ、肌質改善

幹細胞ドクターズコスメ

脂肪幹細胞が分泌した若返り成分を含む美容クリームを皮膚に塗ることで、患者さまの美と健康をサポートいたします。

【対象】しわ、たるみ、肌質改善

幹細胞バンキングとは

幹細胞バンキングとは、将来的な再生医療(シワ取りなど)や乳房再生、その他再生医療への使用を目的として、お客様の脂肪から採取した幹細胞を特殊な無菌環境の下で増やし、凍結保存しておくサービスです。

幹細胞の採取に脂肪を用いるメリット

幹細胞には、脂肪幹細胞の他にもES細胞やiPS細胞などがあります。しかしながら、ES細胞やiPS細胞には倫理的な問題や発がんのリスクなど、様々な問題が残されています。一方、自分自身の脂肪から採取した脂肪幹細胞についてはそういったリスクや副作用の心配を回避できるというメリットがあります。また当院で採用している手法は、ごく少量の脂肪 (約0.02g) から短時間で大量に幹細胞を増やすことが可能であるため、脂肪採取時のキズが残らないなど、お客様の体への負担も少なくて済むのが特長です。

バンキングの流れ

Step 1脂肪の採取
専用の器具を用いて腹部より脂肪を約0.02g採取します。採取時間は約5分で、局所麻酔を行うため、痛みはほとんどありません。
Step 2培養
当院併設の細胞加工施設で脂肪より幹細胞を分離、培養します。
Step 3凍結保存
幹細胞を凍結し、長期間保存します
Step 4解凍
必要時に細胞を解凍し、エイジングケア(シワ取りなど)や乳房再生、その他再生医療へ使用します。

多血小板血漿(PRP)療法

PRP療法とは

PRP療法とは、自分の血液から採取した血小板を多く含む多血小板血漿(PRP)を注入することで、傷の治癒促進やアンチエイジング、皮膚の再生を図る再生医療の一つです。血小板には、出血した際に血液を止めるはたらきのほか、コラーゲン合成や組織修復、創傷治癒などのはたらきがあることが分かっています。PRP療法は、お客様自身の血液から採取した血小板を用いて治療を行うため、副作用などのリスクが少ないのが特徴です。有名なトップアスリートも行っている治療です。

治療の対象

  • 傷の治癒促進(火傷、肉離れ、骨折、靭帯損傷、腱鞘炎、慢性アキレス腱炎など)
  • アンチエイジング(シワ取り、たるみの改善、キメの改善など)
  • ニキビ跡
  • 皮膚外傷、皮膚壊死など
  • 膝関節疾患

PRP療法

PRP療法

PRP療法の流れ

血液の採取

血液を10mLほど採血します。

PRPの採取

血液を遠心分離し、血小板を多く含む多血小板血漿(PRP)を採取します。

PRPの注入

極細の針を用いてPRPを肌や創傷組織へ注入します。

pagetop

保険診療・専門外来
がん診療の種類






患者様のお声
Copyright© 2017一般財団法人グローバルヘルスケア財団 クリニック チクサヒルズ All Rights Reserved.