再生医療

関節・スポーツ外傷のPRP療法

関節・スポーツ外傷は、通常の治療法やリハビリで、一度は痛みがなくなりますが、再発しやすい病気です。徹底的に直すためには、患部の炎症をとり、同時に組織修復をできるだけ早く行うことが必要です。

多血小板血漿(Platelet Rich Plasma、以下PRP)は患者様の血液を用いて、特殊な機械で濃厚な血小板液を作成したものです。血小板から分泌されるサイトカインが炎症を抑え、組織修復を促進します

幹細胞治療と比べ、治療効果は劣るものの、簡単かつ安価にできる治療法です。またステロイドのような副作用がないため、何度でも使っていただくことができます。

フリーズドライ PRP 治療は、 PRP治療を異なり、毎回採血や待ち時間がございません。繰り返し PRP治療を希望される患者様には最適な治療法です。

適応のある患者様

  • 外傷による関節の痛み
  • 靭帯の断裂
  • スポーツ外傷による機能障害
  • 慢性的な関節痛
    (※がん患者様は、適応にならない場合がございます)

PRP療法の流れ

  1. 患者様から採血いたします(採血量は、投与量によって異なります)
  2. 細胞加工室で、PRPを作成します
  3. PRPを患部に注射します

※フリーズドライ PRP は、患者様から採血後、細胞は出来上がるまで、しばらくお時間が必要となります。

詳しくは受付でお尋ねください。

ページの先頭へ
ページの先頭へ