がん免疫療法

がん免疫療法とは

免疫系は、病気やけがのときなどに病原体や異物から身を守ってくれる機能です。

健康な人でも1日に約3,000個ものがん細胞が発生しているといわれています。通常、がん細胞が生じた場合、免疫系のはたらきにより排除されますが、免疫系の力(免疫力)が何らかの理由によって低下した場合、 免疫系によるがん細胞の排除が追い付かなくなり、がんが増殖していきます。

健康な場合

免疫力が、がん細胞の増殖力を上回っているため、がんを退治できる。

免疫力が低下した場合

がん細胞の増殖力が免疫力を上回っており、がんを排除できない。

これに対し、免疫力を高めることによって、がん細胞を減少・死滅させる治療法が、がん免疫療法です。がん免疫療法は、抗がん剤や放射線治療などの他の利療法と異なり、患者様ご自身の細胞を用いて治療を行うため、副作用が少ないという点が特徴として挙げられます。また、がん治療だけでなく、がん再発予防、抗がん剤の副作用軽減、QOL(生活の質)の向上も期待できます。当クリニックでは、このがん免疫療法を中心にがん治療を行っています。

がん細胞の増殖力より免疫力を高めることで、がんを治療する。

当院のがん免疫療法

pagetop

保険診療・専門外来
がん診療の種類






患者様のお声
Copyright© 2017一般財団法人グローバルヘルスケア財団 クリニック チクサヒルズ All Rights Reserved.
Dog